会計ソフト導入のメリット・デメリット

当事務所は電子化・自計化を推進しております。

電子化は例えば領収書や請求書、元帳などを対象として、電子化することによりペーパーレス化が図れます。このペーパーレス化は単に紙ベースの保存が不要になるだけでなくデータで保存されるため管理もしやすいというメリットがあります。

また自計化とは顧問先様側で会計ソフトを入力して、会計事務所側が入力確認、修正をすることで業務の効率化を図ることです。

新規顧問先様の中には出納帳を手書きで記帳している方やエクセルで記帳をしている方も少なくありません。

その場合、会計事務所側はその出納帳を再度会計ソフトに記帳(入力)していくことになり二度手間になります。

その点、自計化により業務の効率化が図られます。また基本的にはリアルタイムに入力していくため、常に最新の財務状況、経営成績が把握できます。常に最新の数値が確認できることは経営者様の経営意欲の向上にも繋がります。

また、近年はAIの発展により、電子化された領収書や通帳データを会計ソフトに取り組んで仕訳化できるソフトも増えてきてます。そのような意味で電子化・自計化は表裏一体になっています。

ただし、電子化・自計化は容易なことではありません。電子化についてはただ原紙をスキャンすれば良いというわけではありません。自計化については会計ソフトの選定から、会計ソフトに付随する給与ソフト、請求書ソフトも連動させるかの判断、費用の面から検討して行く必要があります。

冒頭申し上げました通り、当事務所は電子化・自計化を推進しますが一番重要なことは顧問先様に合った電子化・自計化です。当事務所では顧問先様のニーズを確認しながら電子化・自計化を提案させて頂きます。

導入後は全力で使い方に関してアドバイスさせて頂きます。

次の記事

償却資産の申告